広島でマインドフルネスを学ぶならHIE

『マインドフルネスの育て方』ジョン・カバットジンの言葉

マインドフルネスは、私たちに本来備わっている能力のひとつです。

トレーニングを重ねるなかで、こつこつ育て、深めていくものです。

種を植え、水をやり、しっかり育てるものなのです。

そうすると、種が根付き、こころという土壌で育ちます。

明るく、役に立つよう、創造的に育っていきます。やがて花ひらき、実を結ぶのです。

こうしたことはすべて、「注意を向ける」ことと「いまここにいる」ことから始まります。

 

ジョン・カバットジン(エリーン・スネル「親と子どものためのマインドフルネス」はじめに より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です